幸せのインコ時間

動物が大好き☆只今インコ時間満喫中

welcome!

日々の出来事、成長の記録、手作りグッズなど写真をのせつつ綴っています。

応援ポチうれしいっぴ♪


☆当ブログ内の画像・イラストは色々なクリエイターさまの作品が混ざっています。
当ブログのリンク用バナー以外は、全て持帰り厳禁です☆


■ インコからお手紙が届いたら… ■

go page top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

しずちゃん通院継続?

とり専門の病院に移ってから、4回目の診察。

今日の診察で、2週間後との診察を継続するかどうか、一旦判断することになっていました。

喉の硬い異物はなくなってはいるものの、
水系の異物がまだあるとのこと。

胸の雑音もまだまだ。

鼻づまりはないけど、左の鼻からぶしゅっと何かを出すことがある。
(お水の飲みこみがうまく出来ないのかも?)

でも、びゅんびゅん飛び回って、よく遊ぶようになったしずちゃん。

1ヵ月半続けていた投薬をやめて、自宅観察をしてみましょうと言うことになりました!!

投薬をやめて、自己回復力があるかどうか。
または、働いてくれないかどうか。
2ヶ月間様子を見て、しずちゃんの身体の力を見てみることになりました。

なので、今日はネブライザー&投薬は無し。

再診料のみ 1000円。


おくすりおわったぴよね~♪
IMG_1693.jpg


そうだけどねw
2ヶ月間、また元気に乗り切ろうね!しずちゃん!


 

スポンサーサイト
tb: -- |  cm: 0
go page top

45gの壁

2月12日 生後64日(推定)

今朝の体重46g!

昨夜はシード・ペレット食べてたって事になるよね。
うれしいよぉ・゚・(ノД`;)・゚・


いつも43g~44g。

エサ箱の中がノータッチなのが見てわかるくらいだった。

45gきったら入院ねって言われてたけど、
元気のある44gだったから帰ってこれた。

45gを中々超えられなくて心配だった。


夕方に、シード箱に入っているしずちゃんと目があってしまったw

出して出してって暴れるので出してあげて体重測定してみました。

なんと体重47g!!

自分でごはん食べてたんだなぁ。゚(゚´Д`゚)゜。またまた感動うるうる


挿し餌は6回から3回に減っています。

1度に食べられる量が増えたので回数を減らしました。

6回~7回あげていた時は、
くちばしの先にちょこっと付いたのを、2口3口だけでしたから(´`)

3rd病院に行って1週間経った日、生後57日目に、
初めてヒナ食べして完食でした(涙)

ここ1週間、感涙の日々が続いています。゚(゚´Д`゚)゜。


ブランコに乗れるようになったぴよ♪
IMG_1502.jpg


 

tb: -- |  cm: 6
go page top

初診から2度目の診察 投薬とネブライザー

コザクラインコのしずちゃん、サード病院への2度目の通院。

初診からその日までの記録です。


■ 診断 : 気道炎 咽頭炎 気管支炎 肺炎 膿瘍 ■

・夜中の連続する咳(人間みたいに夜になると酷くなる)

・ご飯が食べたいのに食べられない

・飲み込こもうとするとむせる 噴出す

・動いて呼吸が早くなると胸がゼコゼコ言う

・尾翼呼吸

・眠ってばかりいる



 初診 : 触診 糞便検査 レントゲン 酸素吸入 ネブライザー 投薬

 ↓

 投薬初日の夜から咳き込みの量が10%以下になる。
 
 投薬5日目。咳はほぼゼロ。挿し餌は2時間おき。1回1~3舐め程度しか食べられない。
 スポイトでくちばしにたらして舐めさせて追加摂取を試みる。
 
 投薬6日目夕方。生後56日目。挿し餌をはじめてパクパクたべる。
 水槽をでたがって羽ばたいて暴れる為ケージへ。

 7日目朝、挿し餌(5週齢以降の濃度)完食。
  同日昼、挿し餌を初めて羽をパタパタ(ヒナがする動作)させながら食べる。
  同日夕、同じくパタパタさせながら食べる。
  同日夜、食べたくて飛んでくる。羽パタパタ。

 8日目昼、生後58日目。初めてガツガツヒナ食べをする。
  同日夕、シードをついばむ。計りに乗せるとご飯と思ったようで挿し餌を欲しがる。完食。

 9日目昼、放鳥すると挿し餌を欲しがる。キッチンへついてきて欲しがりその場で食べる。


 12日目、2度目の診察。

 咳が治まる。挿し餌を欲しがり吹きこぼさなくなった状態で受診。

 触診。
 保定と同時に、そ嚢の異物がなくなっていて先生が驚く。
 (保定した瞬間に傷つけて出血をする恐れがある状態だった)

 ご飯を吹きこぼさなくなったしずちゃんを見て喜ぶ私に、旦那が言った。
 「ぴっぴを追い掛け回してたくさん飛んだり、ケージで出せ出せ暴れてるから、異物とれたんじゃない?」
 あながちこれは間違っていないとのことだった。
 奇跡だねって。
 手術が危険すぎるから避けたいと言ってらしたから先生もほっとしたのでは。

 体重が初診時より4g減って(44g)しまっていたが、ご飯を欲しがるので許容範囲。

 フンの形も良くなってきてはいるが、消化不良気味ではある。

 レントゲン撮影はなし。

 酸素無しネブライザー10分。

 胸の音はとれていないので自宅投薬(抗生剤&消炎剤)継続

 自宅でのネブライザーが必須な状態からとりあえず脱した。次回受診で再検討。


 
 

tb: -- |  cm: 4
go page top

獣医師界は人間界の様にはいかない

サードオピニオンに於いて病状の分かったしずちゃん。
IMG_1408.jpg


病気についてはこちら

鳥の診療の話ではいつも名があがる病院。
この病院は我が家から2時間。
高速道路を渋滞無しで、常時時速120km以上で走れれば1時間半。
往復料金6000円ほど。
毎週通うことになっている。

そして今週も通院の日が迫ってきたけど、当日は豪雪の天気予報orz

こんな時の為に、県内の病院に転院したい。

でも!住んでる県には専門医がいない

イヌネコと併設でネブライザーのある病院は見つけた。

なので・・・。
紹介状を作ってもらって転院しよう!
と思ったけど、そう簡単には出来なかった・・・。

紹介状を書くことは出来るけど、
紹介元と紹介先の病院で、治療の腕と言うか、
それが合致するか同程度ないと治療が出来ない風だった。

確かに、診療に行った3件の病院で、診察内容が全く違ったからね~。

サード病院に紹介して欲しい旨を伝えたけど、
"紹介してもらうのはちょっとまった"なのかもしれない。

ファースト、セカンドの病院で、
しずちゃんがこれから受ける予定の治療が受けられないのかもしれない?

県内の病院で、鳥のネブライザーの可能なところを見つけたけど、
再度はじめから診察をするとの事で・・・。
無駄だなぁ・・・。

そこで紹介状を作ってもらってと思ったけど、
紹介先の病院から紹介元の病院に電話を架けて、
会話でのやり取りも必要ときたもんです・・・。

人間界の転院でも、
医師どうしの電話のやり取りはあるかもしれないけど、
必須じゃないもんね(経験談)。

確かに、細かな指示など、会話のやり取りはとっても大事・・・。

だけど、人間会の医療の様に、
紹介状を貰って「はい転院」と簡単にできず、かなりショック。

手続きの間、しずちゃんの辛そうな姿を見ているのかと思うといたたまれない。

息苦しくしているしずちゃんを見ていると、
心配で心配でなにもできなくなる・・・。

恥も失礼も承知の上であちらこちらに電話した。

先生同士も柔和だといいんだけどな・・・。


と言うことで、しずちゃん専用ネブライザーを買おうかと思ってる。

旦那さんに相談だ!




tb: -- |  cm: 2
go page top

サイト内検索

最新記事

カテゴリ

プロフィール

mio@管理人にメール

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。